SOARISTO工房 Logo

「Sound Shakit」(PA504-Z2)の取付(1) - Audi R8編

 またも、長期放置プレイのブツを、思い出したかのようにサルベージ。0xF9C7

SoundShakit PA504-Z2 for Audi R8

 知る人ぞ知る、知らない人はまったく知らないという、サウンドサイエンスの「SoundShakit」(PA504-Z2)です。(Web価格:64,800円)

SoundShakit PA504-Z2 for Audi R8

 この第四世代「Z」シリーズの最終モデル、「Z2」は、2015年5月にディスコンになっています。

 しかも、このパッケージは、標準の「サウンドコントローラー」に替えて、オプションの「サウンドコマンダー」(Web価格:5,400円)が組み合わされています。

 まさに、マニア溜飲の、最終限定モデル。0xF9CB

SoundShakit PA504-Z2 for Audi R8

 このお宝を、2016年1月に手に入れておきながら(ナイショのルートで新品を)、「楽ナビ」同様、けっきょくPorsche 911に取り付けず、現在に至ります。

 この度、Audi R8への、大画面カーナビ(CN-F1X10BD)の取り付けに合わせ、「Sound Shakit」もインストールすることにしました。

#実に、4年3ヶ月もの放置プレイ。0xF9C7

BANG & OLUFSEN for Audi R8
(ツイーターの裏面にある、フォーリングスと「B&O」のロゴ)

 まぁ、元々、Audi R8の純正オーディオシステムには、デンマークの高級オーディオ・ビジュアル製品メーカー、「BANG & OLUFSEN」のスピーカーが、標準で使われているのですが。

#さすがは、4ケタ万円のクルマ。0xF9F8

 で、ですね、さっそく取り付けに入る訳ですが・・・、

SoundShakit PA504-Z2 for Audi R8

 「Sound Shakit」付属の接続ケーブルは、長さがなんと、2.5mもあります。

 アンプ側のケーブルは、一応、シールドケーブルになっているのですが、さすがに2.5mは長過ぎますし、第一、ケーブルが硬くて引き回しがし難いのです。

 で、このケーブルの先に付いている白いコネクタ、どこかで見たことあるなぁ、と思っていたら、なんと!

SoundShakit PA504-Z2 for Audi R8

 ATX電源に用いられているコネクタと、同一であることに気付きました。

#しかも、ピン数もまったく同じの20ピン。(20P+4Pの、20Pの方)

 と、いうことで、PC用のパーツを上手く流用し、接触抵抗の少ない接続ケーブルを自作することにします。

SoundShakit PA504-Z2 for Audi R8

 ATX用のコネクタ(Molex 5557-20R)と、コンタクトピン(Molex 5558T)を調達しました。

 普通に接続ケーブルを作るのであれば、オス側(左側)さえあれば良いのですが、今回は、メス側(右側)も調達しておきました。(なぜかは後述)

Audi R8, How to Remove Car Navigation System

 ケーブルには、純正のワイヤーハーネスにも使われている、住友電装の「自動車用薄肉低圧電線」を使います。

 スピーカー信号用は、0.5sqのAVSケーブル(外径φ2.0mm、導体7本)で、フロント左(白・白-黒ストライプ)、フロント右(灰・灰-黒ストライプ)、リヤ左(緑・緑-黒ストライプ)、リヤ右(紫・紫-黒ストライプ)を使用。

 電源用は、少し太めの、1.25sqのAVSSケーブル(外径φ2.1mm、導体19本)で、バッテリー(黄)、アクセサリー(赤)、アース(黒)を使用。

tesa tape 51608

 ワイヤーハーネスの結束には、ドイツ、tesaの「ケーブルハーネス用フリース粘着テープ」(tesa 51608)を使います。

 ドイツ御三家はじめ、自動車メーカー各社で純正採用されているものです。

 PET(ポリエチレンテレフタラート)を基材とする起毛仕上げの繊維素材で、その名のとおり、フリースのような柔らかい手触りをしています。

 これをワイヤーハーネスに巻き付けることにより、走行中の振動などによる“カタカタ音”を防止することができます。

 材料が揃ったところで、20ピンコネクタに出ている信号の解析に入ります。

SoundShakit PA504-Z2 for Audi R8

 こちらは、「Sound Shakit」の配線図。

 「Sound Shakit」に使われているケーブルも、ほぼ共通の色のため、それほど難しくはありません。

Audi R8, How to Remove Car Navigation System

 加工の終わったワイヤーハーネスです。

SoundShakit PA504-Z2 for Audi R8

 「Sound Shakit」には、このように接続されます。

#まだ、電源線とアース線とを、接続していませんが。

SoundShakit PA504-Z2 for Audi R8

 メス側のコネクタは、このように使います。

 「from AMP」からの信号を、「to SPEAKER」へ、ループバックしています。

 現在、大画面カーナビ(CN-F1X10BD)の取り付けを行っていますが、「Sound Shakit」との接続は、まだまだ先になりそうです。

 そこで、「Sound Shakit」を接続しなくても、スピーカーから音が出るよう、一時的な対処策として作製しました。

#「Sound Shakit」を通さない、“素の音”を確認することができます。

(つづく)

1 Related Entries

Trackback(0)

Trackback URL: https://www.soaristo.org/mt/mt-tb.cgi/1209

Post Comment