SOARISTO工房 Logo

Ross-Tech HEX-V2によるコーディング(1) - Audi R8編

 またも、海外からオモチャが届きました。

Ross-Tech HEX-V2 Coding for Audi R8

 米国、Ross-Tech社の、Audi(およびVolksWagen)専用のコンピュータ診断ツール、「Ross-Tech HEX-V2」です。

Ross-Tech HEX-V2 Coding for Audi R8

 さっそく開封。

 価格は、コーディングできる車両の台数により変わり、3台まで(Interface 3), 10台まで(Interface 10), 無制限(Professional Interface)とが、あります。

 今回は、お金がないので、一番安い「Interface 3」を購入しました。

 日本の代理店では、35,200円(税込、送料別)で販売されているようですが、Ross-Tech社から直接購入することで、199.00ドル+69.30ドル(送料)の、約29,000円で手に入れることができました。

 FedExにて、オーダーしてから5日ほどで届きました。(早い)

Ross-Tech HEX-V2 Coding for Audi R8

 下段が、「Ross-Tech HEX-V2」本体で、上段が、接続ケーブルです。

 接続ケーブルは、太さはありますが、柔軟性があり、車内に持ち込んだ時の作業性も良さそうです。

Ross-Tech HEX-V2 Coding for Audi R8

 コーディング用のノートPCを、セットアップします。

 使用するノートPCは、2004年に購入した、「VAIO-Z」(PCG-Z1X/P)です。

 これまで、メモリやHDDを強化したり、SSDに置換したりして、なんとか延命し、様々な実験で活躍してくれています。

 さすがに、Intel Pentium M Processor(1.70 GHz)では、Windows自体が重い感じになっていますが、診断ツールを動かすぐらいなら、まだまだ使えます。

Ross-Tech VCDS Setup

 まずは、HEX-V2を車両に接続する前の、設定です。

 Ross-Tech社のHPから、VCDS(診断ソフトウェア)の最新版を、ダウンロードします。

Ross-Tech VCDS Setup

 ソフトウェアを、インストールします。

 この段階では、まだHEX-V2のケーブルは、接続しません。

Ross-Tech VCDS Setup

 HEX-V2のケーブルを接続し、VCDSを立ち上げます。

 右下の「Options」を押します。

Ross-Tech VCDS Setup

 オプション画面にて、「Select Port」が「USB」になっていることを確認し、左中の「Test」を押します。

Ross-Tech VCDS Setup

 HEX-V2が正しく認識されていると、「Interface: Found!」とのダイアログが表示されます。

 ここで、HEX-V2本体のLEDが、青色に点灯していることを確認します。

Ross-Tech VCDS Setup

 つづいて、左中の「Config」を押します。

Ross-Tech VCDS Setup

 コンフィグ画面にて、左上の「Update」のタグを選択します。

 左下の「Recheck for Updates」を押します。

 今回は、すべて最新版でしたが、HEX-V2のファームウェアなどのアップデートが必要な場合は、「Download Updates」を押します。

Ross-Tech VCDS Setup

 つづいて、左上の「Registration」のタグを選択します。

 ユーザ登録に係る必要事項を入力し、「Change Customer Registration」を押します。

Ross-Tech VCDS Setup

 必要事項が正しく送信されると、「Registration request submitted successfully.」とのダイアログが表示されます。

 「システムの処理に20分ほどください」と表示されていますが、10分ほどで、「リクエストが受け付けられました」とのメールが届きます。

 さらに、10時間ほど後に、アクティベート用のIDが書かれたメールが届きました。

#すぐに承認されるかと思っていたのですが、人がマニュアルで確認しているようで、地球半周分、時間が掛かったようです。

Ross-Tech VCDS Setup

 左下の「Transaction ID」に、メールに書かれているIDを入力し、「Finalize Registration」を押します。

Ross-Tech VCDS Setup

 アクティベート用のIDが正しく認識されると、「Customer registration successful」とのダイアログが表示されます。

 これにて、ノートPC側の設定は、完了です。

Ross-Tech HEX-V2 Coding for Audi R8

 つづいて、HEX-V2を車両に接続した状態での、設定です。

(つづく)

1 Related Entries

Trackback(0)

Trackback URL: https://www.soaristo.org/mt/mt-tb.cgi/1215

Post Comment