SOARISTO工房 Logo
Electronics (Car) Archive

 前回の続きです。

 Panasonicの「CN-F1X10BD」の取り付けは完了しましたが、まだ、リヤビューカメラ、「CY-RC100KD」の取り付けが残っています。

 ナビ本体(CN-F1X10BD)の購入に合わせ、リヤビューカメラ(CY-RC100KD)も購入していましたが、Audi R8純正のリヤビューカメラが流用できたため、CY-RC100KDは、使わない予定でした。

 しかし・・・、

Audi R8, Genuine Rear View Camera

 こちらは、Audi R8純正のリヤビューカメラの映像です。

 別にこのままでも良いのですが、「CN-F1X10BD」の10V型の大画面で見ると、びみょ~に、映像の荒さが目立ちます。

#まぁ、元々、NTSCのコンポジット信号なので、解像度は高くはないのですが。

 以前に書いたとおり、Audi R8では、リヤカメラの映像に、「リヤカメラアダプター」を介して、後退時の予想進路の“枠線”を付加(スーパーインポーズ)しています。

 ただでさえ、あまり画質の良くない映像に、「リヤカメラアダプター」で枠線を付加し、さらにそれを「CN-F1X10BD」で取り込んで、枠線を付加(表示はOFF)しているため、映像の“にじみ”や“ボケ”が、如実に表れてしまっています。

 「リヤカメラアダプター」があることにより、CANバスから取り出したステアリングホイールの舵角情報を元に、後退時の予想進路が表示されるので、あとどれくらいステアリングを切ったら駐車位置に収まるのかが一目瞭然で分かり、これはこれで便利なのですが。

 いずれにしても、NTSCのコンポジット信号に、2回も画像処理をしているため、画質が良い訳がありません。

Audi R8, Genuine Rear View Camera

 こちらが、「リヤカメラアダプター」です。

 リヤカメラ入力用ケーブルを改造し、異音対策として、カームフレックス(10mm厚)で包んで、再利用する気まんまんだったのですが・・・、

 映し出された映像を見て、止めました。

 前回の続きです。

 “先入観・思い込み”により、思わぬ遠回りをしてしまいましたが、いよいよ大詰めです。

#さぁ、はたして、今回で無事に、完成となるか。

Audi R8, Panasonic Car Navigation System Strada CN-F1X10BD

 Panasonicの「CN-F1X10BD」用に自作した、ワイヤーハーネスを、車両側に接続します。

 あわせて、カームフレックスで包んで異音対策を施した、CANバスアダプター、HI/LOWコンバーター、FM/AMアンテナブースターを、車両側に戻します。

#リヤカメラアダプターは、訳あって、あえて接続しませんでした。(後述)

 車両側のワイヤーハーネスは、全部で10本もあり、かなり混み入っています。メインユニットを挿入した際に無理な力が加わらないよう、系統ごとに整理しながら引き回します。

 また、接続したコネクタにも、カームフレックスを巻いて、異音対策を施しておきます。

Audi R8, Panasonic Car Navigation System Strada CN-F1X10BD

 メインユニットへ接続するケーブルについて、漏れがないかどうか、チェックをします。

 あわせて、一度「CN-F1X10BD」の電源を入れ、アンテナや拡張ユニットなどが正しく接続されているかどうか、確認します。

 前回の続きです。

 もうすでに、スタートから2ヶ月以上も経っている訳ですが、なぜにこんなに時間が掛かっているかというと・・・、

 ここへ来て、Audi R8の「純正オーディオシステム」に、驚愕の事実が発覚したのでした。0xF999

Audi R8, Panasonic Car Navigation System Strada CN-F1X10BD

 純正ナビ(Clarionの「J42AE2JP7A1」)用のワイヤーハーネスを作り替え、Panasonicの「CN-F1X10BD」を仮設置し、

 CANバスアダプターからの各種信号(イルミネーション信号、サイドブレーキ信号など)や、拡張ユニット(ETC2.0車載器、前後デュアルドライブレコーダーなど)の正常性を確認した後、

Audi R8, Panasonic Car Navigation System Strada CN-F1X10BD

 いよいよオーディオシステムの正常性を確認しようと、フェーダーを使って、音像を徐々にリヤ側に振っていったところ・・・、

 なんと、リヤスピーカーから、音が出ていないではないですか!

 またも、長期放置プレイのブツを、思い出したかのようにサルベージ。0xF9C7

SoundShakit PA504-Z2 for Audi R8

 知る人ぞ知る、知らない人はまったく知らないという、サウンドサイエンスの「SoundShakit」(PA504-Z2)です。(Web価格:64,800円)

SoundShakit PA504-Z2 for Audi R8

 この第四世代「Z」シリーズの最終モデル、「Z2」は、2015年5月にディスコンになっています。

 しかも、このパッケージは、標準の「サウンドコントローラー」に替えて、オプションの「サウンドコマンダー」(Web価格:5,400円)が組み合わされています。

 まさに、マニア溜飲の、最終限定モデル。0xF9CB

1 Related Entries

 前回の続きです。

 とりあえず、センターコンソールに加え、助手席側のグローブボックスなどを、片っ端から取り外します。

Audi R8, How to Remove Car Navigation System

 話は逸れますが、内装を取り外すと、随所にアルミ素材が多用されていることが分かります。(ASF:Audi Space Frame Technology)

 Audi R8は、「さすがはレーシングカーベースのものを、市販車にしたクルマだなぁ」と、つくづく感心します。0xF9C5

#Porsche GT3などは、「市販車ベースのものを、レーシングカーにしたクルマ」かと。

 逆に分かったことですが、ボディアースが取れるポイントが決まっているため、引き回しに工夫が必要となりそうです。

Audi R8, How to Remove Car Navigation System

 センターコンソールの奥に、CANバスアダプターなどが隠されているため、ワイヤーハーネスを慎重に引き出します。