SOARISTO工房 Logo
Home Archive
2024/05/11

 前回の続きです。

 レーシングコックピットのベース部分ができたところで、いよいよデスク本体の作製にかかります。

Fanatec Racing Cockpit DIY Building

 ハンコン(Gran Turismo DD Pro (8Nm))を取り付けるパネルは、紆余曲折あり、このような形になりました。

 前回、ベースボードには、車内と同じ感じになるよう、パンチカーペットを貼り付けました。

 デスク本体も、木材の素地そのままではなく、少し工夫してみることにします。

Putty for Wood Panel

 シナ合板は、基本的には木目細かな素地をしていますが、切断面など、一部荒れているところもあるため、木工用の補修パテで整えておきます。

 画像下段は、今回使用した「木工補修パテ」(水性)です。

 画像上段は、パンチカーペットを貼り付ける際に使用した「多用途ボンド」(変性シリコーン樹脂製)です。

2024/05/05

 前回の続きです。

 Fanatecのペリフェラルを改造し、GT7をマルチモニターで稼働することができるようになったところで、いよいよ本題に入ります。

Fanatec Racing Cockpit DIY Building

 イメージを元に、ササッと図面に起こして、木材を機械加工してもらいました。

 材料は、15mm厚のベニヤ板(シナ合板)です。

 この手のレーシングコックピットは、ステンレスやアルミニウムを使ったものが多いですが、職人の場合は、PlayStation 5(PlayStation 3)を格納するベースボードからして、木材で作製しています。

シアターパネルの製作 ~フレームの組立~」(2007年12月16日)

Theater Panel

 木材が大量に届きました。設計図どおり、NC加工により寸分の狂いもなく仕上げられています。これらを組み合わせて、シアターパネルを作成します。

#我が家のホームシアターも、木材で作製しましたし。0xF9F8

 よってからに、今回も、加工の自由度の高い、木材で作製することにします。

 そうそう。Fanatecからは、少し前に「CSL Cockpit」が発売されましたが、注文殺到のようで、しばらくは手に入らないようです。

2024/02/16

 前回の続きです。

 Fanatecのハンコン関連が揃ったところで、恒例の(?)「Gran Turismo 7」をマルチモニター環境で稼働させる準備をすることにします。

GT5をマルチモニター構成で稼働」(2013年8月3日)

PS3 GT5 Multi-Monitor

 とりあえず、モニターを設置してみました。

 以前にPlayStation 3で「Gran Turismo 5」を稼働させたのは、もう10年と半年前のことでした。

 PS3のGT5は、マルチモニター環境に対応していましたが、PS5のGT7は、これに対応していません。(PS3の時のように、PS5を3台購入して接続しても、動きません)

 よってからに、ちょっと工夫します。

AVerMedia Live Gamer 4K 2.1 - GC575

 AVerMediaの「Live Gamer 4K 2.1 - GC575」です。

 その名のとおり、4K(3840 x 2160)の映像を60fpsでキャプチャーすることができます。

 本日2月16日発売で、ニュースリリースを見た時から、狙っていました。

2024/02/11

 前回の続きです。

Gran Turismo DD Proがやってきたっ!!」(2024年2月10日)

Fanatec CSL Elite Steering Wheel McLaren GT3 V2

 McLaren Automotiveの正式ライセンスを受けて製品化された、McLaren GT3のステアリングホイールのレプリカです。

 本物のCAD情報を元に作られているため、レプリカと言えど、再現性は抜群(らしい)です。

 Fanatecのハンコンに取り付ける、McLaren GT3のステアリングホイールですが、わたくしが、そのまま使うはずもなく・・・。

 標準の状態では、パネル右下に、Xbox用のボタンなどが付いていて、このままではPlaySation 5では使いづらい感じです。

Fanatec CSL Elite Steering Wheel McLaren GT3 V2

 「CSL Elite Steering Wheel McLaren GT3 V2」には、付属品として、交換用のボタンや示名条片(ラベル)が付いていますが・・・。

 う~ん、いまいち。

#「示名条片」って、電電用語か?0xF9C7

2024/02/10

 前回の続きです。

 またも、散在してしまいました。0xF9F8

Gran Turismo DD Pro (8Nm)

 Fanatecから、総計8個もの小包が。

 海外配送なので、1~2週間は掛かるだろうと思っていたのですが、注文してからわずか2日で届いてしまいました。しかも、ゆうパックで。

 注文後、確認のメールが来て、
   「配送手続きに入った。これ以降はキャンセルできない。追って追跡番号を知らせる」
とのことで、
   「配達日は、追跡番号が分かってから、奥さんのいない日にしよう」
と余裕をこいていたのですが、まさかの瞬達。0xF9C7

 どうやら、国内にストック拠点があったようです。

 と、いうことで、奥さんにブツブツ言われながら運び込んで、開梱。0xF9FC

Gran Turismo DD Pro (8Nm)

 まずは、ハンコン(ハンドルコントローラー)本体、「Gran Turismo DD Pro (8Nm)」です。

 フォースフィードバックが8NmのDDホイールベースに、Gran Turismo 7用のステアリングホイールやペダルなどがセットになっているものです。

 本当は、セット品ではなく、8NmのDDホイールベースを単体(89,999円)買い、好みのステアリングとペダルを組み合わせたかったのですが(後述)、現時点で、DDホイールベース単体が欠品(2024年4月2日以降配送予定)で、
   「そんなに長く待てないっ!!」
ということで、無駄を承知で購入しました。

 ちなみに、GT7公式HPに掲載されている「Gran Turismo DD Pro Premium Bundle」(128,900円)は、現時点では、Fanatec公式HPには掲載されていません。

 また「Gran Turismo DD Pro (8Nm)」も、GT7公式HPでは112,900円ですが、Fanatec公式HPでは106,300円と、少し安くなっています。