SOARISTO工房 Logo
Car Archive

 Porsche 911 Carrera S(Type 997 Phase 2)に取り付けようと、Pioneerのカーナビゲーションシステム、「AVIC-RZ99」(発売:2015年10月)を購入していたのですが、

 取り付ける前に浮気して0xF9C7、Audi R8 V10 5.2 FSI quattroを買ってしまい、そのままお蔵入りになっていました。

 あれから3年8ヶ月・・・、

Porsche Car Navigation System, Pioneer AVIC-RZ99

 このほど、晴れてPorsche 911に取り付けることができました。

 もちろん、職人のクルマにではなく、Type 997のPhase 1にお乗りの方のお車にですが。

#スポーツクロノパッケージ付きのCarrera Sで、いまとなっては希少な6MT。しかも、走行18,000kmの上玉です。0xF9CF

Porsche Car Navigation System, Pioneer AVIC-RZ99

 元の状態は、pbの「AVインストールキット」(PR997A2D05A)を使って、PanasonicのHDDナビ、「CN-HDS955MD」(発売:2005年6月)が取り付けられていました。

2019/08/10

 何台目のエアフィルター交換か分かりませんが、またも買ってしまいました。0xF9CF

#前車の、Porsche 911 Carrera S(Type 997 Phase 2)の模様は、こちら

K&N Air Filter for Audi R8

 K&N社の純正交換タイプのエアフィルターです。

 Audi R8 V10 5.2の後期型(42CTYF)のS-tronic(7AT)用は、「E-0658」(定価:83,376円)となります。(6MT用は、「E-0669」)

#正規輸入品には、その証となる封印がなされています。

K&N Air Filter for Audi R8

 左用・右用とも同一形状の、円筒形のエアフィルターが、2個入っています。

1 Related Entries

 SOARISTO工房、いよいよ二輪のチューンナップに進出です。0xF9CF

Ducati 1199 Panigale S Side Deco Line

 ここは、某・超高層マンションの地下駐車場。

 初めての素材は、DUCATIの「1199 Panigale S」という、SS(スーパースポーツ)バイクです。

#二輪のことはよく分かりませんが、Porsche 911 Carrera Sと同様、「S」が付くか付かないかで、動力制動などが大きく違う模様。

 カーボン化し、超軽量化したサイドカウルに、純正ライクに、伊の「Tricolore」(トリコローレ)を入れたいという、贅沢なご要望にお応えします。0xF9C6

Ducati 1199 Panigale S & bimota DB8

 ちなみに、ご依頼主は、bimotaの「DB8」というSSもお持ちで、SS 2台体制という、なんともまぁ、贅沢なお方です。

#bimota DB8は、「Testastretta Evoluzione」(テスタストレッタ・エヴォルツィオーネ)という、DUCATI 1198用のエンジン(1,198cc)を積んでいる模様。

1 Related Entries

 前回の続きです。

 そんなこんなで、やっと取り付けが完了しました。

DataSystem DVR3000, Dual Drive Recorder

 フロントのドライブレコーダーは、このような感じに。

DataSystem DVR3000, Dual Drive Recorder

 リヤのドライブレコーダーは、このような感じに取り付けられました。

 またも、間が空いてしまいましたが、前回の続きです。

#訳あって、「前後ドライブレコーダーの取付」と同時並行で作業しているので、仕方ないのです。

 “インテリジェント・スーパースポーツ”の三種の神器、レーダー探知機を取り付けます。

#Audi R8は、スーパーカーではありませんが、“スーパーカー”という響きがスーパー馬鹿っぽいので、ここでは使いません。0xF9D1

 前回は、ダッシュパネルトリムの裏側に、Porsche 911からキャリーオーバーしてきた「OBD-IIアダプタ-」(OBDF12-RD)を取り付けました。

 電源(OBD-II)周りの準備ができたところで、いよいよ、Yupiteruの「Z280Csd」(指定店専用モデル)を取り付けます。

Yupiteru Premium GPS Radar Detector, Yupiteru Z280Csd, Audi R8

 Z280Csdは、ディスプレイ本体とアンテナで構成された「2ピースタイプ」となっています。

 はじめに、GPS&マルチバンドアンテナを取り付けます。

 アンテナの受信部が、精確に車両前方を向くよう、慎重に位置決めをします。ここでは、マスキングテープを使って、微調整しています。

 アンテナのケーブルには、tesa製の「フリース粘着テープ」を、スパイラル状に巻いておきます。

 さらに、フロントウィンドウ外縁の、“ぼかし”の部分ギリギリを狙って、「エプトシーラー」(発泡ゴム)を巻いておきます。

 その後、ケーブルを、厚みのある直線定規などを使って、ダッシュボードとフロントウィンドウとの隙間に、押し込んでいきます。

 低反発の発泡ゴムが隙間でじわじわと膨らみ、ストッパーの役割を果たしてくれることで、ケーブルが浮き上がってくるのを防ぐことができます。

 この手法は、Porscheの時に編み出した技です。

Yupiteru Premium GPS Radar Detector, Yupiteru Z280Csd, Audi R8

 いい感じで、取り付けられました。0xF9C6