SOARISTO工房 Logo
Car Archive

バーチャルでばっかり遊んでいてもなんなので、たまにはリアルネタを。


 またも、航空貨物が届きました。0xF8E6

Porsche PDK Paddle Shift Steering Wheel

 はるばる、10,000kmの距離を超えて、ドイツはベルリンから。

Porsche PDK Paddle Shift Steering Wheel

 テープに、「Porsche Genuine Parts」の文字があります。

 ワクワク。0xF9CF

Porsche PDK Paddle Shift Steering Wheel

 最も手に触れる部分のパーツだけあって、厳重に梱包されています。

 はい、すでにお分かりのとおり、またもや「ハンドルネタ」です。0xF9F8

BMW M5 Paddle Shift Steering Wheel
M5用パドルシフトの移植

 2005年には、BMW 530i(E60)に、M5用のパドルシフトを移植し、
(個人レベルでは、国内初?)

#某・ボッタクリのファンション系チューニングショップに対抗し、DIYにて安価に実現。0xF9D1

BMW Performance Steering Wheel
BMW Performanceステアリングホイールの取付

 2009年には、BMW M3 Coupe(E92)に、BMW Performanceステアリングホイールを移植し、
(個人レベルでは、国内初?)

#当時は、まだ3シリーズ用の純正後付けオプション(BMW Performanceシリーズ)として国内導入されておらず。0xF9C5

 そしていよいよ、

Porsche PDK Paddle Shift Steering Wheel

 2013年の今年は、Porsche 911 Carrera S(Type 997 Phase 2)に、「スポーツステアリングホイール」を移植してしまいます。

 題して、「パコパコ計画(彼等編)」ですっ!!0xF9CF

#いや~、ここまで来ると、ほとんどビョーキです。0xF9C7

Porsche PDK Paddle Shift Steering Wheel

 センター部分を拡大。

 「997 347 803 B8 A34」と書いてありますが、実際に購入する部品番号とは、違います。

#世の中には、不思議なヒトもいるもので、トラブルを避けるため、公開しないこととします。
 (どうしても知りたい方は、オフミ等にて)

 ステアリング単体で、908.50ユーロ(約118,000円)でした。

Porsche PDK Paddle Shift Steering Wheel

 肝心の、パドル部分。

 微妙にラウンドしていて、手によく馴染みそうなデザインです。

Porsche PDK Paddle Shift Steering Wheel

 ステアリングホイールの「コントロールユニット」です。

 M5の時は、物理的配線でなんとかクリアしましたが、クルマの電子化が進んだいま、力業では解決できそうにないので、いろいろなリサーチの結果、論理的に解決する方法を採りました。

 コントロールユニット単体で、231.17ユーロ(約30,000円)でした。

 ということで、オリンピックばりに、4年毎にハンドルを交換している訳ですが・・・、0xF9C7

 改造に入る前に、そもそもなぜに「パコパコ計画(彼等編)」を発動するに至ったのか、ご説明します。

BMW M3 Coupe Performance Steering Wheel

 こちらは、BMW M3 Coupe(E92)のM-DCT(M Double Clutch Transmission)のパドルシフトです。

 シフトパターンは、右手のスイッチを手前に「引く」とシフトアップ、左手のスイッチを手前に「引く」とシフトタウンとなっています。

 他のメーカーでも同様な、一般的なシフトパターンです。

BMW M3 Coupe Performance Steering Wheel

 こちらは、M-DCTのシフトレバー。

 レバーを手前に「引く」とシフトアップ、奥に「押す」とシフトダウンします。

 ロケットスタートで、キョーレツな加速Gが掛かっている時に手前に引けばシフトアップし、フルブレーキングで、キョーレツな減速Gが掛かって前のめりになっている時に奥に押せばシフトダウンするので、感覚的にも身体的にも、非常に分かりやすいシフトパターンです。
(いずれも、“たとえば”の例です)0xF9C7

Porsche PDK Paddle Shift Steering Wheel

 一方、こちらは、Porsche 911 Carrera S(Type 997 Phase 2)のPDK(Porsche Doppel Kupplung)のステアリングホイールです。

 シフトパターンは、左右にあるスイッチを、奥に「押す」とシフトアップ、手前に「引く」とシフトダウンです。左右どちらでも同じ動作です。

Porsche PDK Paddle Shift Steering Wheel

 Type 997 Phase 1まであった「ティプトロニック」(Tiptroinc)では、親指の位置に“シーソースイッチ”のようなものがあり、上側を軽く「押す」とシフトアップ、下側を軽く「押す」とシフトダウンでしたが、PDKのスイッチは、その操作とも異なります。

 スイッチ全体を、前後にスライドさせるような感じです。親指で車両前方(奥)に「押す」とシフトアップ、中指と薬指などで車両後方(手前)に「引く」とシフトダウンします。

 その操作も、パドルシフトを「パコパコ」する感じではなく、スイッチ全体を「ガコッ、ガコッ」っと動かす感じです。

Porsche PDK Paddle Shift Steering Wheel

 PDKのシフトレバー。

 レバーを奥に「押す」とシフトアップ、手前に「引く」とシフトダウンします。

 BMW(やその他のメーカー)とは、操作が“まったく逆”です。

 しかしながら、「ステアリングホイールの操作とシフトゲートの操作とが同じ」という点では、インターフェースの統一が取れていると言えます。

 ドイツのエンジニア達の“拘り”を感じさせます。

#Porscheの開発陣から言わせれば、「他が逆なのだよ」という感じでしょうか。0xF9C7

Porsche PDK Paddle Shift Steering Wheel

 とはいえ、この操作系、なかなか慣れません。

 ある時、シフトアップしようとして右側のスイッチを引いたら、いきなりシフトダウンして「ウォ~ン!」と高回転になり、思わず肝を冷やしたことがあります。0xF9FC

#BMWに2世代乗り継いだこともあり、きっと今後も、このシフトパターンに慣れることはないでしょう。

Porsche PDK Paddle Shift Steering Wheel
(画像は、Porsche AGさんから拝借)

 で、ですね、

 実は、この「右手アップ、左手ダウン」方式のパドルシフト、メーカーオプションとして用意されているのです。

 正式名称は、「パドルシフト付き3本スポーク・スポーツステアリングホイール」といいます。

#「こっちを標準採用してくれよ~!」と思うのは、職人だけでしょうか。0xF9C7

 ただ、前述のとおり、ラインオプション(メーカーオプション)ですから、注文時にオーダーしないと、後から取り付けることはできません。

 職人の車は、“セコハン”ですが(笑)、クルマを探す時に、当然、この「パドルシフト付き」を狙っていたのですが、セールスさんから、
   「4SかSで、後期型(Phase 2)で、シルバーで、スポーツ・クロノ・パッケージで、パドルシフト付きなんて、滅多に出ませんよ」(その他、条件多数)
   「そもそも、日本に何台入っているか・・・」
ということで、気長に待っていたところ、思わぬ出物(新古車みたいな個体)があったので、「パドルシフト」については、諦めました。

 んが、しかし、前述のとおり、どうしても標準ステアリングのシフトパターンに慣れることができず、この「パコパコ計画(彼等編)」を発動することにしました。

#個人レベルでは、前人未到だと思いますが、BMWを2台もやっていますし、「まぁ、なんとかなるだろう」という軽い気持ちで・・・。0xF9C7

Old Porsche Doppel Kupplung
(写真は、大黒オフに来ていたPorsche 911)

 ところで、

 この「デュアルクラッチトランスミッション」(Dual Clutch Transmission)ですが、市販車への投入は、VWがDSG(Direct Shift Gearbox)としてGolf R32に導入したのが最初とされていますが(2003年)、

(編集中)

 ということで、初回のうんちく、終わり。0xF9F8

(つづく)

2013/06/15

 ライセンスランプカーテシランプトランクルームランプに引き続き、ルームランプもLED化します。

LED Room Lamp

 Porscheの標準状態のルームランプです。

LED Room Lamp

 裏側です。

 基本的には、BMWの時と同じような作りです。

LED Room Lamp

 とりあえず、バラバラに。

 中央のルームランプには、長さ41mmの「フェストンタイプ」(舟形、両口金)の電球、左右のマップランプには、T10の「ウェッジタイプ」の電球が使われています。

LED Room Lamp

 基板上に、LEDをハンダ付けします。

 縦横狂わず、綺麗に整列してハンダ付けするためには、ちょっとしたコツが必要となります。

 LEDは、全部で18発、発光点は、都合54個になります。

LED Room Lamp

 裏面です。

 チップCRDをハンダ付けします。

LED Trunk Room Lamp

 18発のLEDは、定格電流に近い「18mA」でドライブしており、かつ基板上に高密度に実装しているため、前回同様、アルミヒートシンクを使って放熱させます。
(左側の、30×30mmのものを2個使います)

LED Room Lamp

 フライスマシンを使って、アルミヒートシンクを所定の大きさに切り出し、「固まる放熱用シリコーン」を使って基板に固定します。

LED Room Lamp

 中央部分にLEDを固定する際に、フェストンタイプの電球の接点が邪魔になるため、ハンダを溶かして取り除きます。

LED Room Lamp

 リフレクターの内部に、LEDを固定します。

LED Room Lamp

 左右のマップランプには、カーテシランプの時と同様、ウエッジタイプのLEDランプを組み込んであります。
(そのままの長さだとクリアカバーと干渉するため、短縮加工してあります)

LED Room Lamp

 クリアカバーを元に戻して完成です。

LED Room Lamp

 ということで、ルームランプとマップランプのLED化、完了。0xF9C6

1 Related Entries
2013/06/09

 今朝は早起きして、一路、箱根へ。

Ohakone Off-Meeting

 途中、横浜新道から湘南に掛けて、黄色い跳ね馬とランデブー走行など。0xF9CF

#同じ黄色でも、ソリッドではなく、メタリックなイエローで、上品な感じでした。

Ohakone Off-Meeting

 峠を一気に駆け上がり0xF9D8、大観山。

#残念ながら、今日は富士山は拝めませんでした。

Ohakone Off-Meeting

 996 Turbo先輩とのツーショット。

Ohakone Off-Meeting

 この角度からが、好き。0xF9CB

Ohakone Off-Meeting

 そうこうしているうちに、bk*さん登場。

 その向こうには、オレンジ色の雄牛が。

Ohakone Off-Meeting

 その後、十石峠にて、皆さんと集合写真。0xF8E2

 皆さん、どれ一台を取ってみても、同じカテゴリーのクルマはありません。ぜんぜん、バラバラ。0xF9C7

#唯一の共通項は、「クルマ好きが乗りそうなクルマ」というところでしょうか。

Ohakone Off-Meeting

Ohakone Off-Meeting

Ohakone Off-Meeting

Ohakone Off-Meeting

 私は、諸般の事情により、途中で皆さんとお別れして、少し早めに帰路へ。

 十国峠レストハウスといえば、「十国峠そば」が定番ですが、なにやら新作(?)が出ていたので、それにしました。「西伊豆しおかつおうどん」です。0xF9F1

2013/05/30
[ Car, Movie ]

 PeugeotのCMで、「チキチキマシン猛レース」が、実写版で再現されています。

 いや~、懐かしい。幼い頃、毎週心待ちにして観ていたことを思い出しました。0xF9CF

#現在のクルマ道楽(改造好き)の原点も、ここにあるのかも。

 それにしても良くできています。よくある、原作をブチ壊してしまうような実写版とは、作りがぜんぜん違います。

 ところで、チキチキマシン猛レースには、“ブラック魔王”操る「ゼロゼロマシン」を始め、全部で11台のマシンが登場しますが、皆さんは何台覚えていますか?

 「岩石オープン」、「ひゅ~どろクーペ」、「タンクGT」、「ポッポSL」、「ギャングセブン」、あと、え~と・・・。0xF9C7

#正解はこちら

2013/05/19

 カーテシランプに引き続き、トランクルームランプもLED化します。

LED Trunk Room Lamp

 左側は、運転席側のフットランプやグローブボックス内に使われているランプ、右側は、(フロントの)トランクルーム内や(リヤの)エンジンルーム内に使われているランプです。

LED Trunk Room Lamp

 前述のランプの裏側です。まずは、右側のランプ(以下、トランクルームランプ)をLED化してみます。

 トランクルームランプには、長さ41mmの「フェストンタイプ」(舟形、両口金)の電球が使われています。

LED Trunk Room Lamp

 今回のお献立です。

 部品はすべて、「LEDパラダイス」(以下、エルパラ)さんから調達しました。

LED Trunk Room Lamp

 サーキュラーソウを使って、50×30mmの基板(5060 18LEDパネル基板)を、40×19mmの大きさに切り出します。

LED Trunk Room Lamp

 切り出した基板です。

 配線パターンを解析して、パターンを切らないギリギリの大きさで切り出しました。

LED Trunk Room Lamp

 部品をハンダ付けしたところです。

 LEDは、「白色 5060 3chip LED」のSMD(表面実装部品)で、大きさは5.0×5.0mmしかありません。

 また、エルパラさんの製作例では、330Ωの「チップ抵抗」を使っていますが、バッテリー電圧の変動や突入電流に対する耐性を持たせるため、これまでの作品に準じて、「チップCRD」(定電流ダイオード)を使うことにしました。

 チップCRD(S-183T)は、大きさが3.5×1.6mmしかなく、ハンダ付けには、かなりの集中力を必要とします。

#以前はどんなに細かな作業(作品例1作品例2)も大丈夫だったのですが、最近は年を取ったせいか老眼が進み、細かな作業がだんだんつらくなってきました。奥さんが宝石鑑定用に使っているルーペを使って、チップCRDの極性を確認しながら作業を進めました。0xF9C7

LED Trunk Room Lamp

 基板をトランクルームランプに組み込んだところです。

 市販の41mmのフェストンタイプの交換用LEDは、LEDが3発か、多くても6発のものしか見掛けません。

 今回は、限られたサイズの中で最大限に実装密度を上げており、10発のLED(発光点は都合30個)を組み込んだものは、そうそう無いのではないかと思います。

LED Trunk Room Lamp

 部品面です。

 10発のLEDは、定格電流に近い「18mA」でドライブしており、かつ基板上に高密度に実装しているため、このままでは点灯時に熱を持ってしまいます。
(結果として、長い目で見ると、LEDの耐久性(寿命)が落ちてしまうことになります)

LED Trunk Room Lamp

 そこで、これまでの作品同様、アルミヒートシンクを使って放熱させることにしました。
(右側の、21×12mmのものを2個使います)

LED Trunk Room Lamp

 サーキュラーソウを使って、アルミヒートシンクを所定の大きさに切り出し、「固まる放熱用シリコーン」を使って基板に固定します。

LED Trunk Room Lamp

 逆接続保護用の整流ダイオード(1N4007)をはさみ、配線を接続して完成です。

LED Trunk Room Lamp

 フロントのトランクルームランプ、標準の状態です。

LED Trunk Room Lamp

 LEDに交換した状態です。

 純白の光で、隅々まで照らし出されています。

LED Trunk Room Lamp

 リヤのエンジンルームランプ、標準の状態です。

LED Trunk Room Lamp

 LEDに交換した状態です。

 ということで、トランクルームランプとエンジンルームランプのLED化、完了。0xF9C6

1 Related Entries